FC2ブログ

夜兎日月抄@適当

適当に更新する日記帳です。 日々の生活の中で感じたこと、見つけたもの、書き留めておきたいことなどを残していきたいと思います。

夏の風物詩みたいな俺

こんなお題をいただきました^^

『自分を夏の風物詩に例えると…』

んぁ~っと…

『台風が近づいている海でサーフボードに乗って沖へ出て行き、案の定、海難事故を起こすお調子者』かな。


普通に考えればダメだろ、と思えることにも果敢に取り組み、周りの人から呆れた目で見られつつもあんまり懲りてないようなことが多々あります。

買ってきて箱から出したばかりのノートパソコンを分解し、内部の構造を調べたり、薄型PS2も買ってきて5分で分解したり、PSPも(以下略

時計もかなり分解したし、つか、とりあえず分解が趣味のような気がしてきた(苦笑)

ぶつけられた車のドアを分解して板金したことや、日本刀の研ぎ直しとかも経験があります。
ピカピカのバリソンのバタフライナイフ(カスタム品)も自分で研ぎ直しているし、壊れたビデオやテレビを分解してパーツを電気屋で注文したりもあるよね。
「自分で直せるから、部品取り寄せてくれ。壊れても文句は言わないし、なんでもいいからメーカーへ連絡してくれ」って、困った顔の店員にゴリ押しするのが得意な子でした。

献血中に、『如何にして早く献血を終わらせるか』という試練を自分に課して必死に腕の血管を膨張させたりも。

『最低限の呼吸で会社まで行き着く』、『会社に着くまで足を地につけない』(バイクで通勤時)など、アグレッシブなまでに自分の限界に挑戦している俺最高。

ちなみに成功の陰には、その何倍にも及ぶ悲惨な事故や破損の甘酸っぱいメモリーがあるんだけどね。
スポンサーサイト



  1. 2006/07/12(水) 22:11:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1