夜兎日月抄@適当

適当に更新する日記帳です。 日々の生活の中で感じたこと、見つけたもの、書き留めておきたいことなどを残していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仕事に対する自負と矜恃

『司馬遼太郎・梟の城から』

-----------------------------

重蔵は、にやりと笑って、まるで他人を冷やかすように云ったが、小萩の表情はそれに応じなかった。
「ですから、このまま逃げようと申しております。たれも知らぬ土地で世帯をつくりましょう。早うお心を、お決めくださりませ」
「重蔵は、おとこと生まれて、それほどにそなたに思われたことを過分に思うわい」
「何を仰せられます。揶揄なされますな」
「いや、本心じゃ」
「ならば、小萩を、好きと仰言ってくださいますよね」
「うむ」
「では、逃げることも?」
「それはことわる」
「え。なんと申されました?」
「断わる。重蔵は男じゃ。男である以上、いつかは愛した女にも倦きるが、しかし仕事には倦きぬ。男とはそうしたものじゃ。薄情なことを申すようじゃが、重蔵は情けに溺れて、仕事を裏切るわけには参らぬ」

-----------------------------

俺も仕事が大好きな時期がありました。
今は、その頃の情熱を失っていると思う。
いったい、いつ頃からだろう。

部下の不始末を自分で負うようになってから…?

こんな風に感じているということは、まだ部下を持つには時期が早すぎるのだろうか?
たった20数人をまとめているだけなのに、いろいろなことが起こりすぎて
落ち着いて一つ一つを解決できないまま、自転車操業になっているために
仕事への取り組みが疎かになっているのだろうか。

以前の情熱を取り戻すべく、明日から頑張ってみよう。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/25(水) 23:06:25|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河原で読書

20080615132832
陽気がいいので、気分転換に河原へ来ました。
今度はリラックスチェアでも持参しようかな。
  1. 2008/06/15(日) 13:28:32|
  2. 携帯投稿日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

トイレに歯ブラシが…

手洗い場の流し台?の上に、歯ブラシが置いてありました。

大腸菌や雑菌がおぞましいほどうごめいていそうな場所です。
俺も会社で歯磨きしているけど、歯ブラシは専用のケース以外に触れないようにしています。

おそらく便所歯ブラシの持ち主は、物流課のT氏。
以前にも、同じくトイレの流しの中に落ちた歯ブラシを使用していた実績有り。

今回の歯ブラシ、柄の形状と色を覚えたので、追跡調査を続行します。

ちなみに、T氏は朝から○慰行為をして手を洗わないという猛者。
先日は昼に差し入れ?があったお汁粉をカップに入れて、机の上に数日間放置していたという
恐ろしい行為を平気で行っていました。(カップの中で、モチがカペカペになってる)
ある意味、俺に出来ない行為を平然と行う神経に感服。

Tさん、これからも変わらずにネタを提供してくださいね。
  1. 2008/06/03(火) 12:36:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。