夜兎日月抄@適当

適当に更新する日記帳です。 日々の生活の中で感じたこと、見つけたもの、書き留めておきたいことなどを残していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

男たちの大和

この間の日曜に「男たちの大和」を見てきた。

ネタバレ関係なしに書くから、イヤな人は見ないでね。
つか、ほとんど史実に基づいているから、ネタも何もないかも。

とにかくいい映画でした。
邦画は時代物と戦争物(八甲田山死の彷徨含む)くらいしか見ないけど、若い役者が出ている邦画でもココまでやれるのかと見直した。

まずは史実にほぼ忠実だから、細かな当時の戦況や大和の軌跡が
リアルに体験できる。
戦記マニアや軍ヲタなら、一般人よりさらにお得に映画を見られること請け合い。

餓島やレイテの戦況がさらっと出てきたり、大和が偵察機に発見されたときの状況もまさに実際の通り。

マーチン2機が大和を発見し、次にTBF(電撃機アベンジャー)
接触。第一波攻撃では、グラマン、カーチスなどの戦爆機が大群となって襲いくる。迎え撃つ帝国海軍は、制空権皆無。
まさしく死地に赴く悲壮なまでの美しさを見たとき、まじで鳥肌が立った。

2基の副砲・12基の高射砲・154門の機銃が敵機に向かい弾幕を張るが、数を頼みに攻め立てる戦闘機相手では分が悪すぎる。

ヘルダイバーが急降下し、爆弾を投下したかと思うと
250kg爆弾を抱えた爆撃機が後方より逆落としをかける。

続く第2波・3波来襲でおよそ150機の敵機が襲いくる頃には
大和の兵力は半減し、次々と砲門が破壊され乗員が人形のように
吹き飛ばされ、艦上は血で水拭きをしたかのような凄惨な場と化す。

役に立たない防毒面を首から下げた新兵が、なすすべもなく
銃撃を受け死んでいく。
アクション物の映画にありがちな、チープで安っぽいカタルシスは
一切無しに一方的な殺戮が続く。

もう言うこと無しです。

戦争物を見ない人も、食わず嫌いは止めて見た方がいいと思う。
人によって、感じるところは違うと思うけど、60年前の日本が
どのようにして戦ってきたのか、また自分たちの祖父母の世代が
どんな暮らし・生き方をし戦後の高成長をしてきたのかを考える
契機となるに違いない。

----------------------------

映画の中で見たワンポイント
旅館…寄港した際に大和の乗員が泊まった旅館の雰囲気がいい。

雪風…大和沈没後の乗員救出に当たった船。
   どの戦闘でも無傷だったので、乗員は浮沈艦と信じ
   敵からは「神宿る船」と恐れられた。

身辺調査…「長男、もしくは家督を継ぐ立場にある者、その他一家の中心とならねばならぬ状況に措かれている者は、直ちに申告せよ」

可燃物陸揚げ…特攻前の燃えやすい物を陸揚げするシーンは、リアルでよかった。「大和ホテル」とまで言われた大和の内装を次々と剥がしていくところは、臨戦態勢に入る緊張感が醸し出されていい。

ちょっとだけ出てくる球状艦首…造波抵抗を軽減し、速力を増すための球状艦首(バルバス・バウ)。たまりません。

連合艦隊指令長官訓示
…帝国海軍部隊は陸軍と協力空海陸の全力をあげて沖縄島周辺の敵艦隊に対する総攻撃を決行せんとす。皇国の興廃はまさに此の一挙にあり。ここに海上特攻隊を編成壮烈無比の突入作戦を命じたるは、帝国海軍力をこの一戦に結集し、光輝ある帝国海軍海上部隊の伝統を発揚するとともに、此の光栄を後に伝えんとするに外ならず。各隊はその特攻隊たると否とを問わず愈々殊死奮戦敵艦隊を随所に殲滅しもって皇国無窮の礎を確立すべし。
これ、聞いてるときは鳥肌たった。

出撃艦船
大和…撃沈
矢矧…沈没
雪風…小破(約1週間を要する損傷)
磯風…砲撃処分
浜風…沈没
朝霜…行方不明
霞…砲撃処分
初霜…艦船被害なし(これ、すごくね?)
冬月…小破(約2週間を要する損傷)
涼月…大破(約3月を要する損傷)

海行かば 水漬く かばね
山ゆかば 草むす かばね

落書き…「死に方用意」これもマジで書かれていたもの。

----------------------------

NGなところ。
①昭和20年くらいの棚田なのに、田植機で植えた苗。
 しかも手植えなら中苗以上でないと大変だと思うが、
 どうみても稚苗の時に田植機で植えた形跡ありあり。
②反町がいい役過ぎる。
③大和が沈没した後、重油の海になったはずなのに
 海面は青かった。(役者は顔に黒いのをつけてたけど)
④駆逐艦が救助に来たとき、ロープで救助を行うのだが
 すんなり行き過ぎ。実際は自分だけが助かろうとする者達や
 ロープにしがみつくだけの力が出ずに滑り落ちて没する人で
 阿鼻叫喚の地獄図絵だった。
⑤誘爆で大和が沈没するとき、吹き飛ぶ人が五体満足だった。
 手や足が千切れて爆死する人が皆無ってのはおかしい。
⑥長渕のエンディングテーマ

----------------------------
まだまだ書きたいけど、書くより語りたいっす。
深夜のファミレスで熱く語れる方、大募集。(女性限定)
スポンサーサイト
  1. 2006/01/31(火) 22:39:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<キジ、貰った | ホーム | レグナム エンジン交換>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stinger701.blog16.fc2.com/tb.php/112-e6283546
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。