夜兎日月抄@適当

適当に更新する日記帳です。 日々の生活の中で感じたこと、見つけたもの、書き留めておきたいことなどを残していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

土下座さん

同い年のH君は、入社歴14年(ちなみに俺は入社6年:中途)の人なんだけど、一週間前から依頼していた提出物をなかなか持ってこないから何回もフォローしていたんだよね。

「まだ提出がないけど、本当に期限に間に合うよね?」
「やり方、本当にわかる?」
「期限には絶対に遅れないようにね。この資料を課長教育の際に持って行くんだから」
「納期は16日のお昼だよ。それ以降は俺が中身をチェックしなくちゃならないから」


でだ、明日が課長教育の日で、お昼も過ぎ去ろうとしている頃。
内線で最終フォローを入れてみると、少し遅れるけど必ず提出するとのこと。
それを信じて時刻は定時10分前。


「遅れてすいません。これで宜しいでしょうか?」とファイルを差し出される。
「お、やっと持ってきたね。どれどれ…」


次第に血の気が引いていく俺。
怒りに声が震えそうになるのを必死に耐えつつ、冷静に話そうと無駄な努力をしてみる。

「あのさぁ、なんだいこれ? あれだけ何回もフォローして、全然出来上がっていないじゃないか!
 明日必要なんだって言ったよな。時間までとってやったのに、どういうことなんだい?」


いつのまにか、俺の椅子の横に正座しているH君。


「す… すいません…」
蚊の鳴くような声で謝ってくる。

「俺、なんて言った? 大丈夫かって聞いたとき、H君は大丈夫だって言ったよな?
どういう事なんだよ、これは」


H君の目が潤んできて、透明な液体が溢れんばかりに盛り上がってくる。


正直言って、こ汚い。
「あ~、もういいや。分かった分かった。自分で作って持って行くから。
 あのさぁ、今度からさ出来ないときはすぐに言ってくれよ。お互い楽だろ?

腕を目の位置で、真横に引きながらうなずくH君。
何度も何度も「すいません」を繰り返しながら、涙を拭き続ける。

正面切ってはさすがに言えないから、ここで言っちゃうけど、泣きたいのはこっちだって。
キミみたいな部下を持つと、ホントに肩身が狭くなるんだから。

たぶんね、事情を知らない周りから見ると、俺がいじめているように見えているんだろうけど、キミがダメ過ぎるんだよ。
頼むから、椅子に座っている俺の横で、床に正座して泣きながら頭を下げるのは
止めてくれないかな?どう見ても土下座にしか見えないし。

そんなんだから、14年も働いていて未だに平社員なんだぞ。
資格だって、入社6年の俺より2つも下なんだし、少しは自覚を持って行動しろよ。
そろそろ社内健康相談室に電話しちゃっていいかな?
とてもダメな社員がいるんですけど、どうやって指導すればいいんですか?って。

はぁ、自分で自分がイヤになってくるわ。
こんな気分にさせてくれるH君、そろそろ人に迷惑をかけない生き方を模索して下さい。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/16(金) 23:21:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<業務連絡 | ホーム | 朝○のことわざ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stinger701.blog16.fc2.com/tb.php/177-3e5cd56b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。