夜兎日月抄@適当

適当に更新する日記帳です。 日々の生活の中で感じたこと、見つけたもの、書き留めておきたいことなどを残していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハンググライダー

ハンググライダー、背負ってみました^^
ハンググライダー


なんでこんなコトをしているかというと、ウチの近くへハンググライダーが不時着したから(笑)

どんど焼きの後始末を終えて、優雅に庭でネットをしていると視界に大きな影が。
一瞬、大鷹かとも思えたが、注視してみるともっと大きなハンググライダー。みるみるうちに降下して近くへ不時着したようなので、操縦者の安否を気にしながらノコノコと現場へ赴く野次馬根性丸出しな可愛い俺。

遠巻きに見守る数名のギャラリーはまるっきり気にせずに、ハンググライダーの持ち主へ話しかけてみましたよ。
そんなフレンドリーな心根に感じ入った持ち主と打ち解け合った結果が、こんな記念写真に相成ったわけであります。

いやぁ、すごいね、これ。
宇都宮在住の操縦者氏が筑波連山の足尾山から2時間かけて○岡まで飛んできたところ、急に上昇気流を見失い不時着したんだけど、いけるときには日光まで飛んで筑波山まで戻れるそうだ。

高度2,000メートル、気温マイナス10℃で飛んできたとあって、話しかけた時には鼻水がシャーベット状でした。
もっともマイナス10℃ってのは、15分程度でそれ以降は徐々に高度が下がるため気温はもっとマシなものになるらしい。
巡航速度は30km、着陸時には4km程度。

普段の行動範囲は、筑波山から真岡・宇都宮を経由して筑波山まで戻る。冬場の方が上昇気流があるので遠出出来るとのこと。
重量は約35kg。価格は100万チョイ。
パラグライダーのほうが、いろいろと遊べるけど500万はかかるそうだ。
バリオメータ(昇降計)とGPSは必須。
骨格は、異形のカーボンシャフトで発泡スチロールがカーボンで被覆されていた。
カーボンはチェコ製(本体はドイツ製)だが、元々は軍事産業からの技術流用らしい。
この型のハンググライダーは、市場へ出てから5年ほどしか経っていないのでメーカー・利用者が暗黙の了解で人柱としてテストしているようなものであり、過剰品質気味のきらいもあるが、人命がかかっているので補修用部品の高コストも仕方ないと割り切っている。(補修パーツのカーボン骨が、7~8万)

利用者は、学生か定年でリタイアした年配者が多く、中堅どころは少なめで、免許を取るまでに早くて2ヶ月。通常は3ヶ月(土日を講習に当てる)。免許の費用は15万程度だが、個人差はある。

搬送にはルーフを取り付けた普通車を使用できる。
今回も、GPSで不時着地点の位置を携帯で連絡したので、筑波山からピックアップの連絡を行ったとのこと。

ハンググライダー 片付け

 (折りたたんだところ。約5m)

いいなぁ…
俺もやってみたくなってきたよ。

酒、タバコ、ギャンブル、女をやらないんだから、100万や200万ははした金だよね??

誰か、一緒にやろうよ。



操縦者氏には、機会があったらまた不時着してくれと、自宅を教えてサヨナラしましたw
面白い体験ができた一日だった^^
スポンサーサイト
  1. 2007/01/14(日) 17:38:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<一尺八寸こね鉢 | ホーム | どんど焼き後始末>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stinger701.blog16.fc2.com/tb.php/259-e675cd4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。