夜兎日月抄@適当

適当に更新する日記帳です。 日々の生活の中で感じたこと、見つけたもの、書き留めておきたいことなどを残していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

週末の行動

今週末は、植木職人とバイクメンテやってました。

ウチの庭木の手入れは、本気出してやらないと正月が迎えられないので
年末はかなり気合い入れてやってます。
俺はイチョウや柘植(ツゲ)が担当。
親父が松を受け持ち。
いまだに松の芽掻きや、晩秋芽のモミ上げ剪定は全く分かりません。

で、イチョウの剪定は結構好きです。
何にも考えずに、チョキチョキやっていればいいから(笑)

柘植はヘッジトリマー(電動バリカン)で形を整えるワケなんだけど、
ウチの柘植は年代物で、やたらとでかい。
足場を組んでやるんだけど、本気でビビるほど高い位置で高速運動する
ヘッジトリマーを片手持ちでガシガシとやらないとならない。

2年に一度くらいの割合で、トリマーの電源コードを自分で切断してしまうし、気は休まらない。
今年はトリマーの調子が悪く、少し動かすと本体内部から異音がする。
すぐにバラしてギアを取り外して、動きを見てみるとトリマー刃とカーボンギアに問題はなさそう。
どうやらトリマー刃を動かしているギアが摩耗してしまったらしいのだが、いかんせんそんなものオプションで売っているはずが無い。
あとでメーカーに取り寄せ依頼をしないとならん。

ヘッジトリマーでの剪定は諦めて、柘植は大型剪定ハサミにて手入れを行う。

あとは通勤用バイクのメンテナンス。
プラグがかぶり気味&マフラーからの白煙がすごいことになってきたので、プラグ交換とマフラーの焼き入れを行うことにした。
で、交換するプラグとトーチランプのボンベを買ってくるついでに
ポケトーチなるモノを発見。http://www.shinfuji.co.jp/contents/products/sfb/pocketorch.html

ポケトーチ

物欲番長が顔を覗かせる。

小物は大好きなので、もちろん即購入。
なんてったって、ちっちゃいのに1300度の極細集中炎ですよ!
約1000円で、自室に籠もって金属加工が出来るなんて最高です。

ウキウキしながら買い物から帰り、バイクそっちのけでポケトーチに着火。

これ、すげえ。
格好いいよ。マジで。

酸素とブタンガスが織りなす青い炎のセレナーデ
サラマンドラとイフリートが、一緒に踊ろうと俺をいざなう。

待ってて。今すぐにそっちに行くよ。。



あっつぅ!!!!!!!


知的探求心から、1300度の炎ってどのくらいの熱さなんだろうという
疑問への欲求がついに理性に打ち勝ってしまい、気がついたときには
左手中指へポケトーチを向けていました。

えっと、人間の体は、1000度を超える炎に打ち勝つほど
強くないってよくわかりました。
(豆知識:普通の火葬場の炉内温度は通常800-1000度程度。
     1200度では灰になる)

学びました。トーチランプを使うときは、絶対に手を入れちゃダメです。
生きながら灰になる温度を体感することになっちゃいます。

そうそう、プラグ交換とマフラーの焼きは問題なく終わりました。
痛む左手中指をかばいながらですけど。

いい経験を積めた、有意義な週末でした。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/02(日) 21:19:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<モズのハヤニエ | ホーム | 鉄腕DASH!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stinger701.blog16.fc2.com/tb.php/376-18b3b25d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。