夜兎日月抄@適当

適当に更新する日記帳です。 日々の生活の中で感じたこと、見つけたもの、書き留めておきたいことなどを残していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『密林の食葬族』を読んで

年越しから新年にかけて読んだ本です。
恒友出版 芥川玲司 著、『密林の食葬族』。
中央アフリカの奥地に住むという、死者を弔うためにその生肉を骨の欠片も残さずに
全て食べるという部族を求めて、ムサンボ族の案内人、ンガとフウリカと共に
著者が3人の仲間と前人未踏の密林に向かうというノンフィクション。
そして『死者を自分の中に生き返らせる(戻ってこらせる)』という
神聖な儀礼としての食葬を行うベラル族(BERALU)に、心と心の交流(心流)を求めて
密林での野生の生活と想像を絶する体験を表したものである。

1970年の体験から13年(後書きでは1984年)経ってからの発行であるが、
その時点でベラル族は20名にも満たないと書かれている。

読後感は、死に対するプライミティブな感覚が、日本人古来のそれと異なるため
異質なモノを感じる。
しかし、始原的な崇高さには心を動かされたように思った。

残念ながら、ネットで軽く調べたてみても、『ベラル族』というものが
実在したのか、また今でも存在するのかは不明である。
たまに思い出して、調べてみようと思う。

ちなみに、古本として検索すると、3冊がヒット。
発刊時の単価は1000円だが、2010年1月時点での価格は500円となっていた。
異色な体験記が好きな方は是非。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/01(金) 17:30:33|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<フィ○ソフィ論文 | ホーム | HDD増強祭り>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stinger701.blog16.fc2.com/tb.php/439-870b7aee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。