夜兎日月抄@適当

適当に更新する日記帳です。 日々の生活の中で感じたこと、見つけたもの、書き留めておきたいことなどを残していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

フューリー

今夜はMOVIXで「フューリー」を観てきます。
インターステラーと迷ったけど、とりあえずフューリーを先行で
来週くらいにインターステラーだな。
今日はあまり大きくないシアターなので没入できるよう祈る。

以下、鑑賞後の印象。
普通の映画ではクローズアップされることの少ないバトルタンク内を見ることの出来た戦闘シーンや
戦車兵のコスチュームなど小物は良かった。
圧倒的多数の歩兵群の攻撃にも、たった一両のタンクで立ち向かうことの出来る攻撃&防護力で
敵に回すと鋼鉄の死に神にしか見えない。

アクション映画では無敵のヒーローがたった一発でタンクを仕留めたりもするけど
実際には無理なんだなと感じてしまった。
戦車に興味がない人が見たら、なんでたった一両の戦車で無双が出来るのだろうとか
思ってしまうのだろうけど、生身の人間が小火器を持ったくらいでは絶対に勝てないですよね。
でも、ドイツ軍将校がもう少し頭を使えばなんとかなるだろうという場面も多々あり。

まぁ、映画中でも何度か出てきた、HEAT弾や徹甲弾とかの使い分けや、傾斜装甲による被弾の回避など
ある程度の知識があると面白さが段違いだと思います。
WWⅡ時の設定だから兵器も当時のものなので、いろいろと現代戦になれている目には
歯がゆいところも多々あるけど、それを使ってしまうと全然違う映画になってしまうしね。

ただし、このような映画にストーリー性は求めちゃダメと再認識。
「映画のための考え方と行動」をきっちりとなぞっているので
言動にはいろいろとツッコミどころ満載。

しかしながら、戦争のむごたらしさを(あくまでもチョロッと)見せているのは良かったと思う。
タンク内に残った、目玉付きの顔の皮とか、近距離で銃撃されて足が吹っ飛んだりとか
えぐいところも、たま~にだが出てくるので耐性がない人が飲み食いしながら見るのはダメかもね。

ちなみに鑑賞は①シアターのG10。
スクリーンからの距離的にいい感じだった。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/06(土) 17:14:29|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<赤羽駅 | ホーム | 池袋駅で休憩>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stinger701.blog16.fc2.com/tb.php/487-93a0bb25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。